前へ
次へ

野菜の下ごしらえが便利なバーベキュー

バーベキューで食べる野菜はピーマンや玉ねぎ、にんじんの輪切りなど、あまり食欲をそそらないものが多いです。
これらの野菜を鉄板で焼いて、甘いタレにつけて食べてもそんなに美味しくありません。
そんな野菜の質のせいか、バーベキューに野菜は不要という人も増えています。
しかし、野菜は栄養を考えてというよりは口の中をさっぱりさせたり歯触りを楽しんで箸休めにする、という役割もあるはずです。
そこで、野菜を上手に下ごしらえして美味しく箸休めにしましょう。
ピーマンや玉ねぎなどは輪切りにせず、細切りにしてソース味で焼きそばにしてしまうのがオススメです。
子どもたちは肉ばかりだと飽きますし、炭水化物を摂ることで大人も酒量を控えられます。
にんじんもただ焼いただけだと食べにくいので、スライサーなどで薄く切って全てタッパーに詰めていきましょう。
もやしを洗って加えても美味しいです。
こうすると美味しく野菜が食べられてシメにも使えます。

Page Top